全く”無料”ではない無料屋根修理業者の言い分

先ごろ、弊社に対すると思われる書き込みがありましたので、反論いたします。

彼ら曰く;
「その違法業者は「保険申請」と「修理施工」を別々のサービスであることを大々的に宣伝し、他社との差別化を図っています。
つまり、その業者は、「保険申請」サービスのみでお客様から代金をいただこうとされていますが、その行為自体が、「住宅火災保険普通保険約款第28条」に対して違反行為に当たります」と言っています。

「住宅火災保険普通保険約款」の第3章、第28条、第3項目には、保険の請求権が被保険者か、特別な事情がある場合は、配偶者又は、同居の親族が請求できる条項です。
(被保険者以外の場合は、火災保険会社の許可が必要です)
我々は、保険請求の代行はしますが、保険請求の請求者にはなりません。
あくまでも保険の請求者は、その権利のある被保険者です。 何を勘違いしたのでしょうか?

更に曰く;
「また、「修理施工」を全くの別業者に依頼した場合、お客様のお手元に保険金が残る可能性があります。
そのことも「保険加入者利益の禁止」に反している可能性があります。
(利得禁止の原則)」・・・法律をよく勉強していないのは、彼ら(無料修理業者)です。

火災保険の約款、第2章、第2条(保険金を支払う場合)の第2項
・・ (2)当会社は、次のいずれかに該当する事故によって保険の対象が損害を受け、その損害の額が20万円以上となった場合には、その損害に対して、この約款に従い損害保険金を支払います。
この場合において、損害の額の認定は、敷地内ごとに保険の対象のすべてについて、一括して行うものとします。 ① 風災 ・・・・ 以下省略

良く読んでください。
保険金の支払いは、損害を復旧させたその修理金額に対して支払われるものではありません。
火災保険会社が、損害額を事故報告書、写真、修理業者からの修理見積などを精査、査定し金額を認定します。
修理金額に対して支払われるものでは、ないことは明らかです。 何を言っているか理解できますか?
これは、お客様も知って欲しいのですが、認定された保険会社に決められた損害額に対して、保険金が払われるのです。
修理費用ではありません。
ですから、下りた保険金をどう使うかは、被保険者の勝手です。自分で直してもOK、どの屋根屋に依頼しても約款違反にはなりません。 ここは重要な項目です。

「保険加入者利益の禁止」、「利得禁止の原則」とは、何のことを言っているのか? 
理解されていないようですので説明をすると・・・

保険によって被保険者が、焼け太りをしないよう取り決めたものです。
例えば、1000万円の価値しかない物件に2000万円の火災保険を掛けたとして、この家が全焼した場合、2,000万円の保険金が支払われるのか? という超過保険に関して禁止した考えであり、それは;

「損害填補原則」とは、実際に被った損害を超えて保険給付を支払うことができないとする原則である「利得禁止原則」のことをいう。 のであって、この損害額、上の例で言えば、家の価値が1,000万円しかないのですから、全部失われても、1,000万円の最大損失になります。
2,0000万円の契約(そのような契約は保険会社が結びませんが・・・) であった場合でも、その損害以上の2,000万円は、払いませんと言っているのです。
まあこのような契約はしませんという理由です。 

ここでも言っていますが、保険金は、実際に被った損害に対して査定し、認定されてその損害額が決定されます、この損害額を超えての保険金は支払わないのです。
再三、言いますが、修理費用に対して支払われるのではありません。

火災保険会社と施主様から補償金を貪っている 無料屋根修理業者(火災保険申請、修理会社) 実質無料で屋根修理ができるというのは、大嘘です。
何故なら受け取った 補償金はお客様の損害補償金です。
(自覚していな方もいらっしゃいます) 補償金が振り込まれたら、それから一番良い屋根屋を選んでください。 何ら違法なことはありません。 

火災保険申請代行、請求書類の作成代行のご用命は0120-087-120By 有限会社 エクセラ
(火災保険申請代行、やね診断代行、書類作成代行、協業)

お問い合わせ 火災保険申請代行、
請求書類の作成代行のご用命は
屋根診断申請ドットコムへ